goodbyegangsterのブログ

備忘録的な

DynamoDBのインデックスについて、整理してみる

DynamoDBのインデックスの仕組みについて、いつも分からなくなるので情報を整理するために纏めておきます。

公式マニュアルやDevelopersI/Oを参考にしています(ありがとう、クラスメソッド!!)。

セカンダリインデックスを使用したデータアクセス性の向上 - Amazon DynamoDB

コンセプトから学ぶAmazon DynamoDB【LSI篇】 | DevelopersIO

コンセプトから学ぶAmazon DynamoDB【GSI篇】 | DevelopersIO

  • Key
    • いわゆるPrimary Key
    • Partition(HASH) Keyのみのものと、Partition KeyとSort(Range) keyを組み合わせたものの2種類がある
    • 作成すると、暗黙的にインデックスが作成されている
  • Grobal Secondary Index
    • Grobal Secondary Index
    • ベーステーブルと異なるPartition KeyとSort Keyを持つインデックス
    • インデックスのPrimary Keyは、Partion KeyまたはPartion & Sort Keyとなる
    • サイズ制限なし
    • テーブル作成後に、追加/削除可能
    • 結果整合性のみサポート
    • 読み込み/書き込み処理に独自のスループット設定を可能
    • Capacity Unitはベーステーブルでなく、Grobal Secondary Indexのものを消費する
    • インデックスに射影されたものだけフェッチする
  • Local Secondaary Index
    • ベーステーブルと同じPartion Keyと異なるSort Keyを持つインデックス
    • インデックスのPrimary Keyは、Partion & Sort Keyとなる
    • 10GB以下
    • テーブル作成と同時に作成
    • 結果整合性と強整合性をサポート
    • 読み込み/書き込み処理はベーステーブルのスループットによる
    • 当然、apacity Unitはベーステーブルのものを消費する
    • インデックスに射影されていない属性もフェッチする

以下もメモ