goodbyegangsterのブログ

備忘録的な

soracom-cliをWindowsのwslにインストールする

SORACOMのAPIを呼び出すコマンドラインツール soracom-cli を、WindowsのWSL(Ubuntu)にインストールします。

soracom-cli

環境情報

  • Windows10
  • wsl(Ubuntu18.04)
  • SORACOM API client v0.4.7

インストール

アーキテクチャ向けのバイナリファイルがgithubに公開されているため、そいつをダウンロードしてきます。

Github - soracom-cli

$ wget https://github.com/soracom/soracom-cli/releases/download/v0.4.7/soracom_0.4.7_amd64.deb

ダウンロードしてきたファイルをインストールします。

$ sudo dpkg -i soracom_0.4.7_amd64.deb
$
$ soracom version
SORACOM API client v0.4.7

コマンド補完機能が用意されているので、利用できるようにしておきます。以下を追記。

$ vi .bash_profile
# soracom cli
eval "$(soracom completion)"
$

認証情報の登録

SORACOM APIにアクセスするための認証情報を、soracom-cli側に設定してあげる必要があります。

利用したいSAM(SORACOM Access Management)ユーザーを用意します。適当なSAMユーザーがない場合、以下の手順で作成。

SORACOM Access Management を使用して操作権限を管理する

利用したいSAMユーザの認証キーを用意できたら、 soracom confugure コマンドで認証情報を登録します。登録の流れはこんな感じ。profileオプションを利用すると、複数の認証情報を登録できるようなります。

$ soracom configure --profile zunpero
--- SORACOM CLI setup ---
This will create a directory /home/user/.soracom if it does not exist yet and place 'zunpero.json' in it.

Please select which coverage type to use.

1. Global
2. Japan

select (1-2) > 2

Please select which authentication method to use.

1. Input AuthKeyId and AuthKey * Recommended *
2. Input Operator credentials (Operator Email and Password)
3. Input SAM credentials (OperatorId, User name and Password)

select (1-3) > 1
authKeyId: keyId-xxxxxxx
authKey: secret-xxxxxxx

設定された情報は、ホームディレクトリ配下の .soracom/zunpero.json に置かれています。profileを指定しない場合、 default.json というファイル名になります。

$ cat .soracom/zunpero.json
{"sandbox":false,"coverageType":"jp","authKeyId":"keyId-xxxxxxx","authKey":"secret-xxxxxxx","registerPaymentMethod":false}

最後に適当なコマンドを実行して、利用できることを確認しておきます。

$ soracom logs get --profile zunpero
[]