goodbyegangsterのブログ

備忘録的な

QuickSightで、URLクエリパラメータを渡して、ダッシュボードを遷移させる方法

QuickSightでもこんなことできるんだ、と思った機能。

TableauではURLアクション、Qlik SenseではApp Integration APIを利用したダッシュボードになるのでしょうか。ダッシュボード内のあるvisualをクリックした時、クリックしたグラフの情報をURLクエリパラーメータとして利用しつつ、ダッシュボードを遷移する機能って感じです。説明難しいですが。

サンプル

例えば、こんなダッシュボードのことです。

利用したデータ

タイタニック号の乗客情報一覧となる Titanic Passengers List というデータを利用します。下記のサイトからダウンロードしてきたものです。

https://public.opendatasoft.com/explore/dataset/titanic-passengers/information/

データは、以下のカラムを持ったCSVファイルとなります。

collumn name 日本語
PassengerID 乗客ID
Survived 生存結果
Pclass 客室の等級
Name 氏名
Sex 性別
Age 年齢
SibSp 兄弟、配偶者の数
Parch 両親、子供の数
Ticket チケット番号
Fare 料金
Cabin 部屋番号
Embarked 乗船した港(Cherbourg、Queenstown、Southampton)

データはこんな感じです。

PassengerId;Survived;Pclass;Name;Sex;Age;SibSp;Parch;Ticket;Fare;Cabin;Embarked
343;No;2;Collander, Mr. Erik Gustaf;male;28.0;0;0;248740;13.0;;S
76;No;3;Moen, Mr. Sigurd Hansen;male;25.0;0;0;348123;7.65;F G73;S

ダッシュボード

以下のような2つのダッシュボードを用意しています。

  • 客室等級比
    • 全乗客から、Pclass の割合を表示するダッシュボード
  • 客室等級別生存率
    • Pclass をフィルターとして持ち、Survived の割合を表示するダッシュボード

客室等級比

f:id:goodbyegangster:20191016091910p:plain

客室等級別生存率

f:id:goodbyegangster:20191016092027p:plain

URLアクションしてみる

客室等級比の円グラフから、 客室等級別生存率:3 をクリックします。

f:id:goodbyegangster:20191016092313p:plain

そうすると、Pclassのフィルターに3等室と入力された、生存率のダッシュボードに画面遷移します。

f:id:goodbyegangster:20191016092325p:plain

こんな頭悪いダッシュボードの作り方は、普通しないと思いますが、機能の紹介ということで。。。

設定方法

公式での紹介ページ。

Amazon QuickSight 内のビジュアルにカスタムURLアクションを追加する

遷移元ダッシュボードの設定

遷移元ダッシュボード側で、対象visualの編集ボタンをクリック、 URL actions ... を選択します。

以下のウィンドウが表示されるので、遷移先としたいURLとQuery Parameterを入力します。

f:id:goodbyegangster:20191016093303p:plain

Query Paramterの入力ルールは、以下となります。そうすると、選択した部分の指定filed値が、遷移先のダッシュボードのパラメータに渡されて、指定の値が入力された状態にてダッシュボードが表示されるようになります。

(FQDN)?p.パラメータ名=<<値を渡したいfield名>>

遷移先ダッシュボードの設定

ありません。

ので、この方法でサンプルで紹介したようなダッシュボードを作成できます。