goodbyegangsterのブログ

備忘録的な

IAMのポリシー設定を、AWSリソースに付与されたタグによって管理する方法

タグで管理できることを知らず、便利だと思ったので、メモしておきます。

EC2の場合

サンプルとなるのは、この公式サイトですね。

IAM EC2 リソースタグ

Condition Keyで指定できる条件一覧です。タグの他に、VolumeSizeとかでも指定できたんですね。

ポリシーの構造 - Amazon Elastic Compute Cloud

なお、Condition Keyで指定できるAPIには条件があります。該当のAPIが、利用したいCondition Keyに対応しているかどうか、以下のマニュアルより事前に確認しておいてください。

詳細に設定されたアクセスコントロールのための IAM ポリシー条件の使用 - Amazon Relational Database Service

以下のポリシーの例は、あるタグが設定されている場合に、EC2の開始/停止/再起動、および既存セキュリティグループの編集ができる権限です。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "VisualEditor0",
            "Effect": "Allow",
            "Action": "ec2:Describe*"
            "Resource": "*"
        },
        {
            "Sid": "VisualEditor1",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "ec2:RevokeSecurityGroupIngress",
                "ec2:RevokeSecurityGroupEgress",
                "ec2:AuthorizeSecurityGroupIngress",
                "ec2:AuthorizeSecurityGroupEgress",
                "ec2:UpdateSecurityGroupRuleDescriptionsEgress",
                "ec2:UpdateSecurityGroupRuleDescriptionsIngress",
                "ec2:GetConsoleScreenshot",
                "ec2:StartInstances",
                "ec2:StopInstances",
                "ec2:RebootInstances"
            ],
            "Resource": "*",
            "Condition": {
                "StringEquals": {
                    "ec2:ResourceTag/TagKey": "TagValue"
                }
            }
        }
    ]
}

RDSの場合

RDSにおいても、考え方は同じです。Condition Keyで利用できる値は同様にマニュアルに記載あり、以下はタグに関するものです。

詳細に設定されたアクセスコントロールのための IAM ポリシー条件の使用 - Amazon Relational Database Service

以下のポリシー例は、タグで指定されているRDSの開始/停止/再起動を実行するものと、タグで指定されたDBパラメータグループの編集権限をもったものになります。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "VisualEditor0",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "rds:Describe*",
                "rds:ListTagsForResource"
            ],
            "Resource": "*"
        },
        {
            "Sid": "VisualEditor1",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "rds:RebootDBInstance",
                "rds:StopDBInstance",
                "rds:StartDBInstance"
            ],
            "Resource": "*",
            "Condition": {
                "StringEquals": {
                    "rds:db-tag/TagKey": "TagValue"
                }
            }
        },
        {
            "Sid": "VisualEditor2",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "rds:ModifyDBParameterGroup"
            ],
            "Resource": "*",
            "Condition": {
                "StringEquals": {
                    "rds:pg-tag/TagKey": "TagValue"
                }
            }
        }
    ]
}